石鹸の歴史

古くは古代ローマの時代から

今となっては家庭でも、企業でも、様々な場所で利用されるようになった石鹸。
では、そもそもこの石鹸はいつ頃誕生し、どのような発展をたどってきたのでしょうか?
ここでは現代に至るまでの石鹸の歴史について紹介します。
まずはそのスタート地点、「石鹸の誕生」がいつ起こったのかについて見てみましょう。

石鹸の誕生については、明確な時代がいつであったのか知ることは出来ません。
一説によると、紀元前3000年頃には誕生していたのではないか?とするものがあります。
この時代はいわゆる「古代ローマ」の時代です。
ただ、この時代の石鹸というのは、当然ながら「何故汚れが落ちるのか」ということについてまで研究されて開発されたというものではありませんでした。

当時のローマの風習の1つとして、神へのお供え物として羊を焼く、という儀式がありました。
この儀式の際に焼いている羊から出た脂肪分が、焼くのに使っていた炭の灰に混ざることで、偶発的に出来上がったのが石鹸の誕生であると言われています。
「汚れが落ちる不思議な灰」として珍重されるようになりました。
ちなみに、この儀式の名前が「Sapo(サポー)」であったことが、現在の石鹸の英語名である「Soap」に変遷していった、と考えられています。

また、同じ時代にメソポタミア文明においても羊毛と石鹸の洗浄についての石版が掘られていることが分かっています。
こちらは自発的に灰に対して様々な成分を混ぜることで石鹸を作り出す、ということが行なわれていました。
消毒薬として利用されることもあったなど、現在の石鹸への系譜を感じさせます。

そんな「不思議な物質」である域を出なかった石鹸が、確かな製法を確立して製造されるようになるのはまだまだ先のことです。
こちらは記録に残っている中ではイタリアで8世紀頃に行なわれていた、とされています。
この当時の石鹸は現在のように固いものではなく、軟らかい性質を持っていました。
製造に使われていたのはサポーで作られていたものと大きく変わらず、動物性脂肪と木灰であったということもあり、臭いの強いものであったと記録されています。

さらに時代が進み12世紀、地中海沿岸地域においておリーブルオイルと海藻灰を使った石鹸が開発されます。
この石鹸は現在の手洗い用石鹸に近いような固いタイプのもので、臭いも少なくなりました。
ヨーロッパ中で人気を発揮したため、工業的に生産されるようになり、ようやく「石鹸」が一般的な製品へと変化していったことになります。
17世紀頃になるとマルセイユで石鹸工業が盛んとなり、より広範へと広がっていくことになりました。

普及の道筋

この石鹸工業がより需要を増し広く普及していくことになるきっかけとなったのが18世紀です。
この頃になるとアルカリ自体の需要が増え、石鹸の製造が従来の方法では間に合わなくなってきました。
そうなったため、フランスが国として石鹸の新しい製法の研究に懸賞を掛けます。
その結果、炭酸ソーダを使った石鹸の製造法が確立され、大量生産が可能となりました。

さらにその後にはアンモニアソーダを使った方法が確立されます。
こちらの方法はコストも低く、かつ品質が高い物ができるということで世界中で利用されるようになりました。
その後1900年台を目前にした時代には電解ソーダによる製造法が確立され、現在の石鹸製造法の基礎が出来上がっています。

そんな長い歴史を誇る石鹸、日本における歴史はどれぐらいのものだったのでしょうか?
日本に石鹸が伝来したのは、ヨーロッパ貿易が盛んに行なわれていた16世紀のことです。
鉄砲伝来と時を同じくして石鹸が伝来しました。
ただ、大きく普及したということではなく、一部のお偉いさんだけが使う超高級品、という扱いであったと記録されています。

これが一般庶民にまで利用されるようになったのは、やはり日本が自分で石鹸を作ることができるようになったのが転機でした。
1873年に棒状の洗濯石鹸が発売され、1890年には花王の石鹸が発売されます。
まだまだ高額ではあったものの、次第に一般の家庭にも石鹸が普及していくことになりました。
その後、製造法の改良や量産体制の確立などによって価格が低下したのは明治時代のことで、そこから一般的に利用されるようになってきました。

合成洗剤の多く存在している現代においても、石鹸が洗剤の種類の1つとして高い人気を誇っています。
私達が石鹸を使い続ける限り、今後もまた新しい石鹸の発展が見られるのではないでしょうか。