界面活性剤とは

洗浄力の成分である界面活性剤

石鹸が汚れを落とすことができるのは何故なのか、成分から説明ができるでしょうか?
汚れを落とす仕組みを作っているのが「界面活性剤」というものの存在です。
ここでは石鹸の洗浄力の基礎となっているこの界面活性剤について紹介します。

界面というのは「物質と物質との境目」のことです。
つまり汚れを落とすということを考える場合には「水」と「油分」の境目が界面ということになります。
界面活性剤はこの境目である界面の状態を変化させて、本来ならば混ざらない水と油分を混ざるようにすることで落とす、という仕組みです。
入浴

界面活性の三要素

界面活性剤が汚れを落とすのには、大きく3つの要素が関係しています。
1つ目は「浸透作用」です。
衣服を洗う場合にせよ、顔を洗う場合にせよ、細かい部分の汚れを取るためにはその内側にまで成分が到達しなければなりません。

界面活性剤は浸透性があるため、このように本来ならば水が素通りしてしまうような目に入り込みます。
表面部分と水との界面を活性化することによって、馴染みやすくすることが出来るためです。

次に2つ目の作用であるのが「乳化作用」です。
これが最初に説明した「水と油を混ぜる」作用のことです。
汚れというのはいうなれば油分なわけですが、これをただ水で洗い流そうとしても撥水してしまって汚れが落ちることはありません。

汚れが落ちるためには、水と一体化してくれなければいけないわけです。
水と油分の界面を活性可することで乳化作用が発揮されます。

そして最後に三つ目が「分散作用」です。
分散作用は本来ならば水に分散しない物質を分散させる力のことです。
例えばススのようなものは水に溶けないため、水に入れても浮かぶだけですが、界面活性剤をいれると全体に広がるようになります。
この3つが効果的に働くことによって、石鹸の洗浄力が発揮されています。