浴用石鹸

合成洗剤利用は控える

石鹸の種類として次に紹介するのは「浴用石鹸」です。
ただ、この浴用石鹸というのは、どういったものなのかが少々分かりにくいかも知れません。
浴用石鹸というのはようするに、体を洗う、あるいはシャンプーとして利用することを目的としている石鹸のことを指しています。
浴室を洗うものではなく、人体に対して利用するものを指しているものだと考えて良いでしょう。

浴用石鹸は大型のデパートや化粧品店、無添加石鹸コーナーなどに並べられています。
ただ、陳列の方法が悪いと実際には浴用石鹸ではないものが混じってしまうこともあるため、パッケージで確認をしておきましょう。
パッケージの品名が「石鹸」となっていれば浴用石鹸です。

合成洗剤を利用している場合には名前が違っているため注意しましょう。
また、石鹸であっても添加物が多く刺激が強いタイプのものもあるため、肌との相性を見ながら利用するものを洗濯するのが重要です。
さらに、無添加石鹸であれば同じ、ということでキッチン用の無添加石鹸を浴用に使用する、という方法もあります。
ただし、こちらはあくまでも浴用を目的として作られているものではないため、利用は自己責任となります。

石鹸シャンプー

浴用石鹸の一種としては、石鹸シャンプーがあります。
これは石鹸タイプのシャンプーのことで、合成洗剤とは違い脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウムを洗浄剤として利用しています。

ただ、発売されている数自体がそれほど多くはなく、取り扱っている店舗もあまり多くはない、というのが石鹸シャンプーの現状です。
そのため、利用したいのであれば大型の専門店を利用するなど、少し探す手間を掛ける必要があるでしょう。
場合によってはインターネットを利用して通販で購入するのも1つの方法です。