メイク落とし

お化粧をさっぱり洗い落す

石鹸の用途として次に紹介するのは「メイク落とし」です。
女性の方は毎日のように化粧をしているという人も多いでしょう。
化粧の成分のなかにはつけっぱなしにしていると肌に悪影響を与えるものも少なくないため、寝る前にはしっかり洗顔してメイクを落とす、というのが基本となっています。
そのままにしておくと肌が目詰りしてしまってニキビや吹き出物の原因となったり、肌質自体が悪化するなどのデメリットが発生する可能性があります。

どんなに疲れていても面倒くさくてもメイクはしっかり落とさなければなりません。
キレイにみせてくれるはずのメイクは、落とし忘れると肌の老化現象を早めてしまいます。

メイクを落としにおいて重要なのはまさに化粧を残らず落とすことができる洗浄力です。
となると、石鹸の洗浄力では不安がある、という人もいらっしゃるかもしれません。
勘違いされることが多いのですが、石鹸の洗浄力というのは必ずしも合成洗剤に劣っているかというとそうでもないのです。
正しく利用すれば、石鹸でも化粧を残らず落とすのに十分な洗浄力を発揮することができます。

ただし、これはあまり濃くない化粧をしている場合です。
濃く化粧をしている場合については石鹸の洗浄力だけでは十分ではない場合もあるため、クレンジング剤を利用するなど、専用のもので落とすようにした方がよいでしょう。

メイク落としの種類

では次に、メイク落としにはどのような種類があるのかを紹介します。
メイク落としの種類としてまずメジャーなのが「オイルタイプ」のものです。
クレンジングオイル、と呼ばれるもので、特に高い洗浄力を持っており、メイクをしっかり落とすことに特化しています。
ウォータープルーフのアイライナーやマスカラであっても十分落とす事ができます。

次に、サラサラとした液体タイプの「リキッドタイプ」のものがあります。
こちらはオイルタイプに比べて肌触りがよく、違和感なく利用できるというメリットがあります。
オイルタイプに比べて洗浄力では劣っていることもあるため、どの程度のメイクなのかによって使い分けをすると良いでしょう。

また、クレンジングオイルを染み込ませた拭きとりシートタイプのものもあります。
こういったものは洗面所でなくとも、鏡さえ有ればクレンジングが出来るというメリットがあります。
中には十分な洗浄力をもっているものもあり、クレンジングオイルと変わらない効果を期待できます。