ぬいぐるみの洗濯

意外と汚れがつきやすい

女性はもちろん、中には男性でも愛好家がいるのが「ぬいぐるみ」です。
新しく購入するかどうかは別として、子供の頃から持っているぬいぐるみがそのまま部屋に飾ってある、という人も多いのではないでしょうか?
このぬいぐるみ、それほど触ったりしていなくとも自然と汚れていくものです。
特に毛が長いタイプのぬいぐるみだと色が変わるなど、かなり汚れが目立つようになってきます。

そんなぬいぐるみを洗うのにも、石鹸の出番です。
実際、ぬいぐるみの洗い方が分からない、という質問もネット上にあるなど、結構多くの人が悩みにも思っているのではないでしょうか。
>>Yahoo!知恵袋

ぬいぐるみの洗い方において難しいのは、縫い付けてある目鼻がある関係で、洗濯機で洗うと壊れてしまうという心配があることです。
洗濯ネットなどを使えばある程度抑制することは出来ますがそれでも完璧に防ぐことは出来ません。
そういったことを考えると、やはり洗濯機ではなく、丁寧な手洗いで洗う方がよいでしょう。
ぬいぐるみ

洗い方の手順

では、具体的なぬいぐるみの洗い方について紹介します。
重要なのは、ぬいぐるみによって自分で洗うのに適しているか、あるいは適していないか、というのが違っていることです。
材質や色付けの方法によっては自分で洗うと色落ちが激しくなってしまうこともあるため、その場合には専門の場所に預けるなどした方がよいでしょう。
そのため、まずは色落ちが起こるかどうかをチェックする必要があります。

目立たない場所に石鹸液を垂らしてタオルで抑えてみると、色が落ちるかどうかがわかるでしょう。
タオルに色が移るようであれば色落ちしやすい素材であることが考えられます。
色が移らなければある程度安心して洗うことが出来るでしょう。
その場合には丸洗いをすることができます。

衣服などがある場合や取外ことが出来るパーツがある場合には予め取り外し、本体部分を丸洗いにしましょう。
その際には洗面器などにお湯(熱すぎないぐらいのもの)をため、石鹸を溶かして泡立てていきます。
その後ぬいぐるみを入れて洗うことになるわけですが、毛並みがある場合には毛の流れに沿って洗うようにしましょう。
逆らって洗うと毛が傷んでしまうおそれがあります。

一度の洗濯で落ちないようなひどい汚れがある場合については液を変えて何度か繰り返していきましょう。
全体の汚れが落ちたら石鹸水を捨てて水に変え、何度もすすぎをします。
この際に洋服と同じように柔軟剤を適量いれると洗い上がりの手触りが良くなります。

脱水については脱水機があるのであれば使っても構いませんが、その場合にはパーツが落ちないかどうかを確認するようにしましょう。
繊細な作りのものは軽く押したりして水気をきります。
あとは状態を整えた上で乾くのを待てばOKです。

ただ、ぬいぐるみによってはパーツに電子機器が使われているなど、丸洗いができないタイプのものもあります。
こういったものの場合には石鹸を含ませたタオルを利用して表面を拭き洗いするようにしましょう。
強い汚れの場合には対応しにくいですが、ちょっとした汚れならこれでも十分取り除く事ができます。