コーヒーの汚れ落とし

頑固なシミもしっかり落とします!

気に入っていた服を着ている時に限って食べ物のシミが付着してがっかりするものです。
頑固なシミは普通に洗濯をしただけでは簡単に落とせないので苦労している方も多いはずです。
特にコーヒーの汚れはあらかじめ応急処置をしておけばある程度まで落とせても、たいてい頑固にこびりついて残りやすいので注意が必要です。
今回は固形石鹸を活用してコーヒーの汚れ落としをする方法をご紹介します。

シミ抜きは早めがベスト!

コーヒーをこぼした時にはすぐに水洗いをするのがキレイに落とすポイントになります。
時間が経つほど酸化するため汚れが落ちにくくなるのです。
生地に浸透するほど黄ばみが生じる原因になり、漂白処理をしなければそう簡単には落とせなくなります。
気がついた時にすぐにシミ抜きを行なうようにして、お気に入りの服がキレイに着られる状態に整えましょう。

使い方

まずはコーヒーのシミが付いている部分をしっかり濡らしてください。
できればぬるま湯の方が良いです。

次に固形石鹸をしっかり塗りつけてから両手でもみ洗いをしてください。
この時に親指と人差し指を使って少しずつ布をつかむようにして細かくすり合わせるのがポイントです。
ブラシなどでゴシゴシこすった方が落ちるのではないかと思われる方もいますが、布を痛めてしまう可能性がありますので、自分の指を使ってこするようにしてください。
場所を少しずつ変えながらもみ洗いをしたら、通常通り洗濯機に入れていつものように洗濯をしましょう。

生地の違いで洗い方を変える

石鹸を使用してもみ洗いをするとコーヒーのシミも簡単に落とせますが、生地によってはもみ洗いが適さない場合もあります。
比較的丈夫な綿やポリエステルの生地の場合はもみ洗いをしても生地が傷みにくいのですが、麻やウール、絹などデリケートな素材の生地が使用されている場合にはもみ洗いをすると簡単に生地が傷んでしまいます。

この場合はもみ洗いではなく、優しくトントンと叩くようにしてシミ抜きを行います。
生地を濡らして裏側にタオルなどを入れておき、石鹸を塗りつけてから割り箸などに布をくるんだものでトントンと優しく叩いてください。
何度か石鹸を付け足しながら叩くようにすると上手にシミが抜けてきます。

一旦水ですすいでからシミがどのくらい抜けているか確認し、まだ抜けきっていない場合にはもう一度同じ工程をやり直してください。
何度か繰り返し行っていると早い段階であればキレイにシミが落とせます。

あまりキレイにシミが抜け切らない場合には、スチームアイロンのスチームだけあててみてください。
生地によってはスチームが良くない結果になる場合もありますので、洗濯表示をよく確認して使用しましょう。