シャンプー

本来の髪の状態を取り戻せる

石鹸の使い方として、あまり多くの人が思い浮かぶものではないのが「シャンプー」ではないでしょうか。
洗髪には専用のシャンプーを利用している人がやはり多く、石鹸で洗髪するという人は少数派であるといえるでしょう。
では、実際問題いわゆる固形石鹸で洗髪をするのは良いのでしょうか?それとも問題があるのでしょうか?同じような疑問をまとめているものがありました。
>>NAVERまとめ

固形石鹸をシャンプーに利用するにあたっては、ある程度の知識とコツが必要となります。
正しい利用方法をしなければ、髪や頭皮に対してダメージを与えてしまう可能性があるためです。
実際に利用したことがない人からは髪が痛みそうであるとか、フケが出そうであるとか、そういった不安が聞かれる事が多いでしょう。
また、シャンプーがないなどの理由で使ったことがある人は、普段使っているシャンプーに比べて洗った後の髪の状態がよくない、と感じた、という人も多いのではないでしょうか。

シャンプーではなく石鹸で髪を洗うと、確かに少し軋んだような感覚があります。
指通りが悪くなり、髪自体が傷んでいるのではないか?と感じさせてしまうのも無理はありません。
ただ、これは正しい利用の仕方がされていなかったり、適していない石鹸を利用している、というのが大きな理由だと言えます。
石鹸を利用すると本来シャンプーを利用した場合に付着することになるシリコンを落とすことができるため、本来の髪の状態を取り戻すことができる、と言われています。

石鹸シャンプーのメリット

では、実際のところシャンプー代わりに石鹸を利用する場合にはどのようなメリットがあるのでしょうか?
まず、髪のハリツヤを取り戻すことができる、という効果があります。
合成洗剤タイプのシャンプーを利用する場合に比べて添加物などが少なく、ストレートに利用出来るというのがその理由です。
さらに、抜け毛や枝毛、白髪などのダメージヘアを予防することが出来るという声もあります。

石鹸は脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムを洗浄剤として利用している、天然由来の存在であり、刺激自体がそれほど強くありません。
肌や髪の質が弱く成分の強いものを利用するとダメージを受けやすい人でも利用しやすいでしょう。
ただ、固形であるということもあり、しっかり洗い流さなければ頭皮の目詰りを起こしやすいのもまた事実です。
シャンプーを利用する場合以上に洗い流す時には注意するようにしましょう。

石鹸を使って洗髪をする場合のポイントは、いかに泡立てるか、というところにあります。
石鹸による洗浄効果は泡によるものであるため、泡立ちが悪いとその分洗浄力自体が低下してしまうためです。
洗っている間に泡が弱まってきたら改めて石鹸を足すなどして、全体に対して十分な洗浄力を維持出来るように心がけましょう。