浴室の掃除

早めの洗浄が決め手

汚れを落とすべきなのは人体ばかりではありません。
人体の汚れを落としている場所、つまり浴室の汚れというのもなかなか深刻なものです。
人体から落とされた汚れや、その汚れを落とすのに使った洗剤の残りなどがこびりついて浴室が汚れてしまっていることは多いでしょう。
これらをそのままにしておくとアカやカビが発生する原因となるため、早めに取り除いていくことが重要です。

浴室の掃除は、普段の入浴の後のケアによってかなり楽にすることができます。
入浴やシャンプー、洗体などが全て終わったら、上る前に熱いシャワーで全体を洗い流すようにしましょう。
そうすると残っているシャンプーなどがほとんど洗い流されるため、その後のケアが少なくとも綺麗になります。
ただ、これだけではどうしても残ってしまう汚れがあるため、それは後々洗い落とすようにしましょう。

掃除の手順

では、効果的な浴室の掃除の仕方について紹介します。
まずは、汚れがたまりやすい場所を見つけ重点的に掃除しましょう。
排水口や浴室の端、浴槽の隅などが汚れがたまりやすい場所です。

こういった場所を重点的に洗うようにしましょう。
その際には石鹸を使い、スポンジやブラシなどで汚れを落とします。

また、すでに雑菌が繁殖してしまっている場所はヌルヌルした状態となっています。
こういった場所には重曹などを使うと綺麗に落とす事ができます。
石鹸だけでは綺麗にならない場合には使ってみると良いでしょう。

カビについては更に根深い状態になってしまっていて、なかなか落ちないことも考えられます。
その場合には、エタノール製剤を使って掃除をしましょう。
消毒性が強いエタノールであれば生えているカビを駆除することができます。

ただ、エタノールで落とすことができるのは表面部分だけであるため、見えているカビを落としたら根になっている部分も駆除するようにしましょう。
過炭酸ナトリウムなどを擦ると内側の汚れを落とすことができます。
ただし、強くこすりすぎてしまうとコーキング剤を壊してしまう可能性があるため、力は抑えめで掃除しましょう。
終わったら最後に消毒用エタノールを噴霧しておくと、予防になります。